Suche

Recent Posts

Archives

Pages

Categories

Start
impressum
latobi

Archive for December, 2015

ジャケットで整う春の装い。コーデのキメ手になるモノ集めました

良いジャケットの条件って、なんでしょう。 高いジャケットでしょうか、それとも縫製?もちろんそれらを兼ね備えていれば言うことなし!ですが、あれもこれも欲しいっていう欲張りな私達にとって、1点豪華主義はチト財政的に厳しいかも。 でも安物を買って、子供っぽくなりたくないのもわかります。 これから紹介するのはコスパ◎で雰囲気良し、袖を通したくなるジャケットばかり! 肩の力を抜きつつ、キメるジャケット 今季はシャツやカットソーでも5分袖・七分袖の人気が継続中。 そんな流れで、ジャケットも7分袖スタイルのものが完成しました。 さすがに暑いでしょ!って言われる時でも、時にジャケットを羽織るときもあるし、羽織らなきゃいけない時もあるし。 この七分袖スタイルのジャケットなら、カッチリしていて涼しげ。 色味もベーシックなカラバリが揃っていて、カモフラ柄なんてインパクトのある柄も。 腕はロールアップしたら、裏地のストライプがチョイ見え。 ただ袖を切りました!っていう、ありがちな7分袖スタイルにならない点もポイント。 一重仕立てなので、いつものテーラードジャケットより軽く、カジュアルにも着れるのがイイですね。 綿麻素材で通気性も◎ きちんと清涼感を纏うジャケット ジャケットを羽織る時って、きちんとした場だったり、ちょっときめたい時だったり、ほとんど「40代ファッションメンズ」がキーワードになっています。 ならばそのきちんと感、自分のモノにしたいものです。 なにも良い仕立てのジャケットでなくても、このきちんと感は出せるんです。 シアサッカー生地のピンストライプ調のこのジャケット。 夏場に最適な素材でできていて、シワになりにくい生地感。 綿100%の優しい着心地は、袖を通して初めてわかります。 無地ではなく、ピンストライプ柄なのがポイントで、生地感と合わせた「きちんと」感が存分に演出されてます!2つボタンはフォーマルな印象を持ち、羽織ればその感触、絶対自分のものにできますよ。 最新の機能素材で攻めるジャケット お値段もなかなかする、高価格帯プライス。 それにはちゃんと理由があります。 縫製は日本製、裁断や縫製を全て吟味し、職人が製作。 マシンメイドには絶対出せないアジが詰まっています。 そして機能素材「COOL MAX」採用。 汗を吸い上げ、すばやく蒸散してくれるこの機能素材を使い、機能的なジャケットに仕上がっているから驚き!伝統的なスタイルの裏に、現代の最先端機能がプラスされているのはまさに時代の進化のおかげ。 ジャケットはビジネス時のネクタイスタイル、ノータイスタイルにも使いまわせる清潔感&きちんと感が◎

...read the rest of this entry


レディースファッションに惜しみなくお金を使う人

人によって、毎月かけるレディースファッション代金は異なりますね。 やはりお洒落な人は多額をレディースファッションに費やしています。 お金がかかっておらずとも綺麗に見えるレディースファッションをしている人もおり、そういった人はやりくりが上手い、センスが良いといった傾向にあります。 毎月10万円以上をレディースファッションにかける人から、レディースファッションには年に一万円しか使わない、なんて節約家の女性まで、人それぞれファッションに費やす熱意が異なることを感じられます。 多額をレディースファッションに費やしている人は、毎日ファッションショー気分でとても楽しそうです。 私の知り合いの大学生は、毎月5万円のお小遣いプラスアルバイト代7万円を得ており、貯金をする必要もありませんので洋服に費やしています。 毎日異なる服装をしており、ファッションには力を入れているようです。 センスも抜群、他人からも良くファッションを褒められています。 お金がある人特有の余裕なのか、ファッションのためにあらゆる行動や勉強を実行しています。 裕福な家で育ったようで、価値観の違いを感じられますね。 限定品、福袋、数万円の洋服、ととにかく良い、と思った洋服は即購入をしています。 お金が尽きても、また来月にお金が入ってくるのですからお金を使って後悔してしまった、なんて事もないようですね。 流行に敏感であり、周囲の安くてかわいい服にも注目しています。 今こういうのが流行しているよね、と話題になる洋服があれば、次の日に即着ています。 どんどんと洋服を買い換えられるので、それだけファッションセンスも磨かれてゆきます。 要らなくなった洋服は躊躇なく捨てているようで、勿体無いな、と感じることすらもありますがお金持ちならではの価値観なのでしょう。 こういった人達がレディースファッション界の経済を支えているのかもしれません。 楽しそうに着せ替えをしている知り合いを見ているとこちらも楽しくなります。

...read the rest of this entry


RSS Feed