Suche

Recent Posts

Archives

Pages

Categories

Start
impressum
latobi

Archive for January, 2015

不動産の売却に掛かる費用

自分の所有している不動産を売却する場合には売却にともなう費用が掛かりますが、費用としては主に、不動産会社に支払う仲介手数料や税金などがあります。 当然、自分自身で売却すれば仲介手数料は必要ありませんが、素人が自分の手で売却することはほとんど不可能に近いため、通常は不動産会社に委託しています。 不動産会社は委託された不動産を売却するために広告を出したり、営業活動をしたり、現地案内をしたりしているので、売却が成立した場合は不動産会社に仲介手数料を支払います。 仲介手数料は法律で、「売却金額の3パーセント+6万円+消費税」と上限金額が設定されているため、それ以上の金額を請求されることはありません。 ところで、仲介手数料というのはあくまでも売却における成功報酬という形になっているため、売却が成立しない限り、売却するために掛かる広告費や現地案内費など、一切の費用を払う必要がありません。 なお、仲介ではなく、不動産会社が依頼者から当該不動産を買い取る場合は仲介手数料が必要なくなります。 依頼者にとっては買い取ってもらった方がすぐに現金を手に入れられますが、ただ、買取となると不動産会社にとっては売却できない場合のリスクが大きくなりますし、営業利益も取らなければならないため、当然買取価格は市場における相場価格よりも大幅に安くなります。 一方、売却した時に掛かる税金にはまず「印紙税」があります。 印紙税というのは売買契約時に作成する契約書に貼る収入印紙の代金のことです。 売却価格によって収入印紙の金額が変わります。 そして、不動産の登記を変更する時にかかる税金が「登録免許税」で、「課税標準×税率」という計算式で金額が表されます。 さらに、不動産の購入価格より売却価格の方が高ければ利益が発生しますが、その譲渡益に掛かるのが「所得税」と「住民税」です。 「課税譲渡所得×税率」で表された金額を納めます。 課税譲渡所得は不動産の売却価格から不動産の購入価格を引き、さらに売却のために費やした金額と特別控除を差し引いた金額になります。賃貸・競売に関する不動産情報ブログなどもありますのでこういったものを参考にしてみるのもいいでしょう。

...read the rest of this entry


仕事を始めて急に可処分所得の多くなった私

私には姉が一人います。 物心着いた頃から私の着る服はいつも姉のお下がりでした。 ですから私は、大人になったら絶対に自分の着たい服を自分で買うんだと心に決めていました。 高校を卒業し会社に就職した私は、お給料を貰う様になりました。 私は初めて手にするお給料にテンションが上がり、私は同僚とファッションビルへ行きました。 そこには自分がこれまでに買った事の無いような金額の洋服が沢山ありました。 同僚はファッションブランドに精通していたので、私は色々とアドバイスを受けながら洋服を選びました。 それまで、雑誌でしか見ることができなかった素敵な洋服を、今自分は買えるだけのお金がある、そう思うと気持ちが大きくなり、私は、あれもこれもと商品を手にとっていました。 そんな感じで毎週の様にファッションビルに足を運ぶものですから、店員さんには顔と名前を覚えられ、お店に行くたびに名前で呼ばれ、ご丁寧に「今週はこんなの入ってきたんですよ」などと説明を受ける始末。 私はというと、今でこそどんな接客を受けようが自分が気に入った物しか買わないという強い意志の持ち主になりましたが、当時は高校卒業したてで、そのような接客を受けることを嬉しいと感じる年頃でしたので、自分に似合おうが似合うまいが、店員さんが進めるがままに何着も洋服を買ってしまうといった有様でした。 家の中にはあっという間に洋服が溢れかえり、しかしそれだけ大量の服にまんべんなく袖を通すことはなく、自分が第一印象で気に入った洋服以外は数える程しか着ないといった状況でした。 自分の趣味に合わない服は人にあげたりして喜ばれていたのでよかったと言えばよかったのでしょうか。 最近の私はと言いますと、本当に気に入った服、着ていて楽な服ばかりきているので、洗濯が終わり、乾いて干してある所からハンガーを外してまた着ているといった状況です。 洋服の方も、私からこんなに頻繁に着て貰えて嬉しいでしょうね。 着て貰ってこその洋服通販女性20代です。

...read the rest of this entry


20代レディースに人気のファストファッションブランド!

20代のレディースに、今人気なのが、ファストファッションブランドだそうです。 なぜなら、ファストファッションは値段もとってもリーズナブルですし、さらには商品が入れ替わる頻度と言うのがかなり高く、人とかぶることもないですし、さらにデザインも豊富です。 そして、日本国内のブランドとは違い、ヨーロッパなどのブランドの場合は、デザイン性も優れていますので、こうした理由から人気があるようです。 さらに、今若者もお金がないという若者が多いですので、こうした20代の若者の場合、できるだけ安くこうした商品を手に入れて、ワンシーズンほど着こなして、そして、捨ててまた新しいのを買う、と言った感じで着こなす人が大変増えてきているようですね。 たとえば、どういったブランドなのかと言うと、H&Mなどがメジャーですね。 このH&Mはもともとは東京にしか進出していませんでしたが、今は全国展開となっていて、かなりの人気を見せています。 20代のファストファッションブランドとして、外せない存在ですし、リーズナブルな値段なのに高いデザイン性と言うものが魅力となっていますよね。 さらには、ZARAだったり、OLDNAVY、さらにはFOREVER21なども非常に人気が高いですよね。 ZARAはスペイン発のファストファッションブランドでその高いデザイン性は非常に人気が高いですし、さらには通販なども送料無料で行っていますので、こうした通販を利用すると人も非常に多いそうです。 OLDNAVY、そしてFOREVER21も非常人気が高く、こちらは、アメリカ発のファストファッションブランドと言うことで、比較的カラフルで、カジュアルなデザインが多く、20代のレディースにも話題となっているようです。 こういったファストファッションブランドを購入する際に気を付けることは、必ず試着をするということ、サイズに気を付けることですね。 こういった海外発のブランドは、サイズが日本サイズとは違っていて、少し大きめの海外サイズであることが多いですので、日本と同じ感覚で買ってしまうと失敗する場合もあるので注意です。日本にはレディースファッション通販のようなものが多数ありますので安い通販をお探しの方はこちらがいいと思います。

...read the rest of this entry


水素水で活性酸素を予防しましょう

私達の身体は、不健康な生活を送っていると、次第に身体の機能が低下してしまいます。 この原因は、活性酸素にあります。 活性酸素とは、身体の中でエネルギーを代謝する酵素のことであり、少ないうちは身体には必要なものであり、エネルギーを作りだしてくれるのです。 しかし、この活性酵素が増えすぎると、身体のエネルギー処理機能が低下してしまい、身体に脂肪が蓄積されてしまいます。 そのため、肥満などが起こり、生活習慣病などのリスクを上げてしまうのです。 生活習慣病の中でも、特に恐ろしいのが糖尿病です。 糖尿病には、合併症があり、この合併症が進行することで、いろいろな支障が出てきます。 例を挙げれば、失明や腎臓機能の低下、手足の壊疽などのそのうちの一つであり、どれも完治は難しいものばかりです。 日常生活にも大きな影響がありますので、普段から生活習慣病には気をつける必要があります。 生活習慣病にならないためには、毎日の食生活にも注意しましょう。 しっかりと野菜や果物を取り、バランスの良い食事を心がけましょう。 また、肉類や間食は出来るだけ控えるようにしましょう。 このようにして、活性酸素の予防をすることが大事です。 また、水を水素水に換えることで、活性酵素を身体に無害な水に換えることも出来ます。 水素水は、その名前の通りに、水に水素が溶けているものであり、抗酸化作用もありますので、アンチエイジングなどの美容にも効果的です。 いろんな病気に掛りにくくなる強い身体を作る作用や、菌などの侵入を防ぐ予防効果もあり、身体にはとても良いものでもあります。 スティックタイプの生成器も販売しており、水に入れるだけで簡単に作ることが可能ですので、自宅でも毎日、水素水を飲むことが出来ます。 病気の予防だけではなく、美容や健康にも良いので、身体の調子が悪いと思ったら、水を水素水に換えてみませんか。 身体の中から毒素を排出して、綺麗な身体にしてくれますよ。

...read the rest of this entry


RSS Feed